スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJを治療出来るとしたら(ユチョン編part2)

皆様、ご存じのとおりユチョンが交通事故に遭ってしまいましたね!

ユチョンの事故の記事←くりっくじゅせよ


まず!今の韓国のドラマ撮影の環境を改善しなくてはいけない事は確かですが、
アジア中に広がっている韓流ブームのもっとも大きく安定したコンテンツがドラマである事を考えると、
まだまだ時間がかかりそうです。せめて運転を担当するマネージャーさんは、
他のスッタフに気を使う事なく、しっかり睡眠をとる事を義務づけて欲しいですね


さあ、ここからは具体的なユチョンの症状についてです。

事故直後の、この写真を見る限りは事故の大きさの割には身体への負担は少なかったようです。

YC百想

YC百想2

YC 百想


どの写真のユチョンもしっかりと背筋が伸び、肌に艶があり!
なんといっても目に力があります


2時間しか眠れていない上に交通事故にあっても
こんなに素敵なユチョンでいてくれた秘密


これは、正に今、ユチョンは自分自身の意思で決めた本当にやりたい仕事をやれているから!この心のパワーに他なりません
それだけ心(精神)の身体への影響は大きいのです。

本当に3人がSを出る決心をしてくれて良かった♡
もしも?今でも3人がSにいたら?なんて想像するだけでゾッ!!とします!



しかし、油断は禁物なのも確かです。
記事に首と腰に痛みがあったがと書いてありますネ
これは、とっても代表的な交通事故にあった時の症状です。

人は「あっ!ぶつかる!」と察知した瞬間に頚などの筋肉に力を入れて
本能的にとっても大切な第2の脳ともいえる脊髄はの損傷を最低限にする為に
受け身をとります。
これが上手くいくと後遺症も非常に軽微ですみ、
適度の運動を兼ねたリハビリとタップリの睡眠で
ほぼ全快へと持っていく事ができます。


ただ前後の状況を考えるとユチョンは眠っていた可能性が高く
上手に受け身をとれていた可能性は低いとかんがえられます。

この場合、本来優しく脊髄を包み込み椎間板が圧迫されたり
されぬように働いてくれている脊柱起立筋がかなりの衝撃を受けていると考えられます。
ユチョンの様子から炎症を起こしている可能性は低いですが、
ドラマ撮影の為に、ある意味ハイテンションを保っている間は
諸々の良性ホルモンの働きで表に出なかった
症状が撮影終了後に出てくる可能性は高いといえます。


頚、腰の痛みが再発します。
しかし悲観にはおよびません、
今のユチョンのように精神的に健康な場合は自然治癒力の力も
かなり期待できる上に、少し痛いところがあった方が
しっかり休むキッカケとなります。
この機会にユチョンの身体の奥深くにまで入りこんでいる
S社時代のかなり性質の悪い凝り(老廃物&冷え)
そして喘息による内熱を取る良いチャンスです。

ピンチはチャンス


こらからお話しする治療法は
皆様のご家族にも応用できます。
過去に交通事故に遭われて、風が吹いても頚が痛い方
怪我がキッカケで頚、肩、腰などが凝りやすくなられた方
子供の頃から身体が弱く疲れやすい方


まず!患者さん(この場合はユチョンですね)いうつ伏せになって貰い
背骨の凹み(椎間板です)を丁寧に一つ一つ圧していきます。
すると何か所か「痛い!」というtころが必ずあります。
そこにお灸をします。プロ用の物ではなくとも
ドラックストアで売っている千年灸などで大丈夫です。
この時、少しは熱いのを我慢してもらいますが
必要以上には我慢させず、
ある程度熱くなったら外してあげます。
ところがハッキリと体調を崩している人は
ほとんど熱がらない場所が出てきます。
ここには患者さんが熱く感じるまで何個か続けてお灸をします。
これを何日か続けていると
どの場所も気持ち良く熱く感じられるようになってきます。
身体の芯が温まってきた証拠です。
逆に事故の後遺症で痛みがある時は身体の芯も
衝撃をうけた筋肉も冷えて硬くなり代謝も落ちている状態です。


ここまで来たらお灸の数を減らし
特に冷えていたところに1個づつくらで十分になります。


また、多分ですがユチョンは湯船が苦手だとおもわれます。
身体の芯に冷えがある人は湯船に入っても
皮膚や浅い筋肉だけしか温まらず
内臓は冷えたままなので、あまり気持ち良くなく
酷い場合は入っている事が辛いのです。

しかし、お灸でここまで身体の芯が温まってくると
楽に湯船に入る事が出来るようになります。
内臓まで温まり、脳の疲れもとれるほどリラックスして
湯船に入れるようになると、事故の後遺症で硬くなった
脊柱起立筋を中心とした筋肉の血行が良くなりほぐれやすくなります。

ここで本格的なリハビリを始めるのですが
決して自覚症状のある局所だけを中心にリハビリしてはいけません!
身体は、その中で見事なばかりに繋がっているのです。
悪い老廃物を流して筋肉を柔らかくし、代謝を上げる為には
全身バランス良くマッサージを受け、ストレッチ中心のリハビリも
全身で行わなくてはなりません。
リンパはモチロン!静脈血も筋肉を動かす事によって流れている!と
言っても過言ではないのです。
逆に痛めた筋肉だけのリハビリを行うと
元々代謝が低すぎる状態な為
充血を起こし、怪我の治りは遅くなり
体質も良化は望めません。
なんとか動かせるようになっても
冬が来るたび、寝不足が続くたびに後遺症に悩まされる可能性が高いです。

全身の筋肉を意識してリハビリする事により
今まで、ほとんど使っていなかった小さなインナーマッスルも起き出して
働き出します。
これにより同じ動きをするにも筋肉の総動員が出来
痛めた筋肉の負担が減り、回復はグッ!と早まります。
(治った後も起きたインナーマッスルは働き続けるので、疲れ辛い体質に変化します)

使える筋肉が増えた事で体温も上がり
あらゆる病気や怪我に対して耐性がグッグッ!と上がります。


この状態にまで持って来れれば
後は時間薬で古い老廃物も身体の負担にならないように
量を調節しながら順次出て行きます(健康になると身体は自動的に色々な調節をしてくれるようになります)


これでユチョンはS社疲れともオサラバです

喘息もドンドン良くなっていくことでしょう


次回は本気で色んな本音を←どこまで書けるやら^^;
スポンサーサイト

テーマ : JYJ
ジャンル : 音楽

最新記事
最新コメント
ある治療家が治療から人生を学ぶブログ
身体に良いを探求し続けるブログ

ある治療家

Author:ある治療家
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブックマーク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
くろックCute AC01
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。